ポリフェノールのおはなし

生活を楽しくするサービスをお届けします。<br>

ポリフェノールは、いろんな植物に含まれている成分です。
一般的に知られているのが、赤ワインやブルーベリーです。
ポリフェノールには、とても強力な抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは、活性酸素を除去することです。
抗酸化作用は、生活習慣病にも役立ちます。
ポリフェノールは、ガン細胞を抑制する働きがあります。
ガン細胞は、人の体の中で毎日5000ほど生まれ変わっています。
人の体の中にいるガン細胞が、活発に増え続けるのを抑える働きがある成分が、ポリフェノールです。
ポリフェノールが含まれている食品は、大豆、しょうが、なす、緑茶などです。
緑茶産地のデータによると、静岡県にある緑茶の産地は日本一がん患者が少ないそうです。
その地域に住んでいる人々は、一日に緑茶を10杯以上も飲むのだそうです。

アントシアニンとは?

ポリフェノールの一種にアントシアニンという成分があります。
アントシアニンといえば、目にいい成分で知られています。
アントシアニンといえば、ブルーベリーが思い浮かびます。
ブルーベリー・ビルベリーなど果物に多く含まれています。
そのほかに、アントシアニンが含まれている食品は、ぶどう、黒大豆、紫芋、赤キャベツなどがあります。
アントシアニンの色素は紫色をしています。
水につけると紫色の色素が、溶け出すので、ポリフェノールがたくさん含まれているのがわかります。
アントシアニンは赤ワインに含まれていることで広く知られていますが、ワインでは、ぶどうを皮ごと熟成されていますから、アントシアニンがより豊富に含まれています。
アサイベリーという果実の実が話題になってますが、ブルーベリーと良く似た果実の実ですが、ブルーベリーとは品種が全く異なります。
ブラジル、アマゾンが原産で、ヤシ科の植物です。
ブルーベリーよりも4倍近くもアントシアニンの量が多く含まれています。
アントシアニンは、目を良く使う人に良い成分で、即効性はありますが、持続効果は短いので、何回かに分けてとることが望ましいです。

お茶を飲み分けて

ウーロン茶にもポリフェノールが含まれています。
焼肉を食べた後、中華料理を以食べた後にもウーロン茶です。
ウーロン茶の葉にカテキンと呼ばれるポリフェノールが含まれています。
脂肪の吸収を抑制する働きがあります。
だから、脂っこいものを食べた後は、ウーロン茶です、。
グァバ茶は、沖縄のお茶で、血糖糖の吸収を抑えれる働きがあり、糖尿病の予防に役立ちます。
コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれていています。
強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあります。
砂糖を入れなければ、カロリーオフで飲むことができ、糖尿病の予防になります、また、高血圧の予防にも効果的です。

↓お得で便利なクレジットカード